2014年

8月

15日

「習慣化」の力を知る

7月の「仕事力向上セミナー」、テーマは「『習慣化』の力を知る」です。

これまで、習慣として続いていることはどんなことですか?

続かなかったことは、どんなことですか?

では、続いたことはどうして続いたのでしょう?

続かなかったことは、どうして続かなかったのでしょう?

よい習慣が続いた理由が、「会社からの強制力があったから」ということなら、それを利用すれば他の習慣も身につくのかも知れません。

 

今回のテーマは、ミッション・価値観に合った行動をコツコツ続ける(習慣にする)ことが、成功への一番の早道で、近道はないということです。

 

あなたは、どんな習慣を身につけたいですか?

新しい習慣を身につける時のコツや、人生の質を高める「よいクセづけ」、キャリアターゲットを見つける、といった内容で進めてまりいましたが、最も伝えたかったのは「小さな積み重ねが大きな差を生む」ということです。

それから、習慣化は意思の力でやるよりも、仕組み作りでやっていくほうが続きやすいということです。

ハードルは低く、完璧を求めない。

記憶に頼らない仕組みにする。

チェックされる仕組みを作る。

中間ポイントでご褒美を設定する、など、いくつかのコツをマスターすれば、人生の質を高めるよい習慣を身につけることが、今からできます。

 

さて、今回の参加者のうち1グループは、これから習慣にしたいことが今日できたかどうか、毎日お互いにチェックしあうフェイスブックページを立ち上げました。

主催者はこのメンバーには入っていないので、どんなやり取りをしているか興味津々ですが、励まし合いながらみんなで続けているようです。

1カ月後、習慣化の力を実感した参加者の声を聞くのを楽しみにしています。

次回は、8月20日(水)テーマは、「タイムマネジメント」です。

忙しくて目の前にある仕事を片付けるだけで精一杯な人に敢えて聞きます。

「人生において重要なことに、どれだけ時間を使えていますか?」