2014年

1月

24日

2014年、新たなスタートにふさわしい内容でした!

2014年がスタートして1回目の講座は、いつもとちょっと違ったテーマ、「2014年 市場の動きと展望」です。

講師を務めたのは、富山県で東洋思想を伝える第一人者といえばこの人!久保あき先生です。

 

今回のテーマをこの時期に導入した経緯は、大きな時代の流れの中で、これから過ごす2014年がどういった年になるのか?を共有することが、それぞれが推進するビジネスの場においても大いに役立つからです。

その期待通り、スタートの自己紹介から、孫の世代を想起して今の自分を語るという、「長期的展望」を考えさせられるものでした。

 

グループワークとして取り組んだPEST分析では、時代背景となっているニュースをピックアップして分類し、時代の流れを感じました。

PESTとは、政治的(P=political)、経済的(E=economic)、社会的(S=social※)、技術的(T=tchnological)の頭文字を取った、マクロ環境を網羅的に見ていくためのフレームワークです。

このワークを通して、日頃目の前の業務に追われて忘れがちな「グローバルな視野で考える」ということを思い出させてくれました。

こうした現代社会の様相を、「東洋思想」という切り口で読み解き、将来を見据える手法は、経営者にとっても関心が高いこと。今回の講座には、参加者を出してくれている会社の社長さんもオブザーバーでご出席くださいました。

 

出席者からは、「グローバルに視点を向け、マクロで物事を考える」「目の前のことを考える前に、広く視野を持ちたい」「ものごとを俯瞰して見られるようになることが大切」など、広く視野を持つことの重要性に関するコメントが多く寄せられました。